費用の違い

キーボードのP

介護サービスは大きく分けて入所サービスと在宅サービスに分けられますが、サービスを提供する事業所はそれぞれに利用者の基本情報や計画書などを管理しなければいけませんし、利用者と各市町村に対し請求書を作成して送付する必要があります。 在宅サービスには通所介護や訪問介護などがありますが、利用者がそれらのサービスを利用する場合は、ケアマネが作成したケアプランを元に、事業所ごとの計画書や実績表などの作成が必要です。 現在ではこれらの書類作成や情報管理をパソコンで行うのが主流となっており、それらに対応した介護ソフトが多くあります。 介護ソフトは通所介護事業所向けや訪問介護事業所向けなど、それぞれの事業所に対応して作られているのが特徴です。

介護ソフトには、設置型とISP型の2種類があります。 設置型は介護ソフトを扱っている業者から介護ソフトを購入してインストールする必要があるので、導入にあたっては初期費用がかかります。 ISP型の場合は、インターネットを利用するのでインストールの必要なく初期費用を抑えることができますが、月額利用料等がかかります。 介護事業所によっては入居施設の他に通所介護などの複数の事業を行っているところも多いですが、最近の介護ソフトは各事業所のどのパソコンでも共通して使用できるようになっているものも多く、事業所間の情報の共有がしやすくなっているのが特徴です。 特に通所介護など在宅事業所の場合は、ケアプランと実績表を照らし合わせるなどの作業が楽になります。