導入への動きを知る

老婦人

どんな事業においても情報システムの導入は事業の効率化に大きな影響をもたらします。しかし、必ずしもそれが速やかに行われないのは既存のシステムからの切り替えに際して社員教育が必要になるのが一般的であり、業務を一度停止する等の措置すら必要になる可能性があるからです。 同様のことが介護事業においても起こってきました。しかし、介護報酬請求の電子化が必要とされたことから情報化が進み、介護請求ソフトを導入することが一般的になってきています。介護報酬請求だけのために導入する事業所が多い一方で、より高性能な介護請求ソフトを導入してシステムの一新を行う事業所も散見され、情報システムを利用した効率的な運営を目指す傾向が生まれてきています。

介護請求ソフトが利用されることが増えてきたことを受けて、その多機能化が進んでいます。一方で、トレンドとして生まれてきているのがパソコンではなくスマートフォンやタブレットで利用できるシステムです。これにより個々の介護従事者がいつでも容易に情報を参照することが可能であり、在宅ケアにおいて特に重要視されるようになってきました。こういったシステムには介護請求機能が付帯していないことも多く、その代わりに安価に利用できることから利用者が増える傾向があります。そのため、介護請求ソフト側も多機能化とは逆に介護請求に特化したものも登場してきています。 こういった最新のサービスや気の利いたサービスの展開が著しく、適切に組み合わせた高度な情報化が今後は進められていくでしょう。